不眠症は現代人が抱える最大の悩み

生活の画像 生きる上で睡眠は欠かせませんが、現在日本の成人5人に1人は睡眠の悩みを抱えていると言われています。

こうした睡眠の悩みは放置すると心身の健康に大きな影響をもたらし、生活習慣病や精子に疾患を引き起こすリスクが高くなります。

不眠症は生活習慣や睡眠環境の見直しで改善されることもありますが、更に効果的な方法として“睡眠薬”の服用が挙げられます。

しかし、睡眠薬は危険、副作用が怖い…など多くの誤解がありますので、当サイトでは睡眠薬の正しい知識をお届けします。

睡眠薬と睡眠改善薬について

薬の画像眠れないときに服用する薬といえば「睡眠薬」をイメージするかと思いますが、同様の医薬品には睡眠薬の他にも睡眠導入剤と睡眠改善薬があります。

睡眠改善薬は一時的な不眠症状の改善に効果的な医薬品で、ドラッグストアや薬局で誰でも購入することができます。

一方、睡眠導入剤と睡眠薬はいずれも医師の処方が必要な医薬品となります。また、睡眠導入剤と睡眠薬は作用の違いがあり、寝付きが悪い場合には短時間作用型の睡眠導入剤、途中で目が覚める早朝に起きてしまう場合は中長期作用型の睡眠薬というように症状に応じて使い分けられます。

サプリメントや漢方について

漢方の画像睡眠に関する悩みはあるものの、症状がそれほどひどくない、なるべく医薬品には頼りたくないといった場合にはサプリメントや漢方を活用する方法もあります。

睡眠薬は直接脳へ作用して睡眠へ導きますが、サプリメントや漢方薬は眠りの質を高める成分が配合されており、毎日服用することで快眠をサポートします。

なお、現在ではこうしたサプリメントや漢方は非常にたくさんの種類があり、ドラッグストア、コンビニ、通販など様々な方法で購入することができます。

睡眠について

睡眠の画像わたしたちは毎日ほぼ同じ時刻に就寝と起床を繰り返しながら生活しています。

こうした規則正しさは自律神経やホルモンバランスによって保たれており、健やかな睡眠サイクルが完成します。

また、睡眠は人生の3分の1の割合を占めると言われており、睡眠の質が低下することで様々な病気を招く恐れがあるため、将来健康で過ごすためにも“たかが睡眠”と思わず、睡眠に目を向けましょう。

睡眠の役割と必要性について

朝起きると体や脳がスッキリしているように、睡眠は健康に大きく関わっています。

睡眠には様々な役割があり、脳や体の疲労回復はもちろん、免疫機能の強化や記憶の整理などの役割も担っています。

そのため、睡眠の質が低下した状態が続くことで心身の健康状態を悪化させてしまいます。

睡眠の種類について

睡眠には“レム睡眠”と“ノンレム睡眠”の2種類があります。

一般的にレム睡眠は眠りの浅い状態、ノンレム睡眠は眠りが深い状態を指します。

これらは就寝中に一定の周期で変動し、起床時間が近づくにつれて眠りが浅くなり目覚める仕組みとなっています。

睡眠時間について

睡眠時間が短いと体や脳が休まらず、健康に悪影響を与えます。

しかし、実際には短時間の睡眠時間でも健康的に過ごしている方もいれば、睡眠時間が長くても不調が出る方も居ます。では、一体何時間以上眠ればよいのでしょうか?

不眠症について

不眠の画像眠りに満足していない状態を睡眠障害や不眠症と呼ばれており、布団に入ってもなかなか寝付けない、夜中に目が覚めてしまうといった悩みを抱える方が多く存在します。

人によって症状は違うものの、睡眠に関する悩みは日本人の成人5人に1人が抱えていると言われています。

また、不眠症患者は20代から60代以上まで幅広く、年齢を重ねるとともに増加傾向にあり、男性よりも女性が多いと言われています。

不眠症患者が多い理由としては、ライフスタイルの多様化、ストレス社会、高齢化などが考えられます。

不眠症の症状について

不眠症と一口に言っても抱える悩みは人それぞれで、症状によって4つのタイプに分類することができます。

不眠症を改善するためには、まずは自分がどのタイプに分類されるのか?確かめることが治療の第一歩となります。

不眠症の原因は?

不眠症は睡眠と覚醒のバランスが乱れていることが主な原因です。

しかし、こうした状態を引き起こす要因は多岐にわたり、人それぞれ異なります。

また、不眠症を引き起こす要因は1つとは限らず、複数の要因が重なっているケースもあります。

不眠が続くと…

不眠症は一見「眠れない」という夜間だけの悩みに感じますが、実際には心身の健康に大きな影響を与えます。

不眠の状態が続くと翌日疲労感が取れないだけでなく、日中に強い眠気に襲われて集中力や記憶力が低下します。

また、こうした眠気によって大きな事故に巻き込まれたり、うつ病などの精神疾患を引き起こすことも…。

もしかして不眠症?

「以前に比べて眠れない日が増えた気がする」「最近朝起きてもスッキリしない…」こうした症状がある方は、不眠症の可能性があります。

もしかしたらこれって不眠症なのかな?そう疑問に感じたら、まずは自身で不眠症かどうかチェックしてみましょう。

不眠症を改善するためには?

不眠症を改善する方法はたくさんあります。

症状が軽度であれば睡眠薬(睡眠導入剤)を服用する必要がありませんし、サプリメントでも十分効果を実感できるでしょう。

また、こうしたものに頼らず、生活習慣の改善でも十分改善されるケースもあります。

睡眠薬に関するコラム

コラムのイメージ画像不眠症に悩む方には睡眠薬が有効ですが、睡眠薬はなるべく飲まないほうがよいのではないかと考える方が多いです。

しかし、睡眠薬は正しく使えば体に影響はないので全く怖くありません。

ここでは、睡眠薬に関するよくある誤解や疑問について紹介しています。

睡眠に関するコラム

コラムのイメージ画像睡眠の質を高めることは充実した人生に繋がりますが、自分なりに睡眠に良いと思っていたことが実際にはNGなケースも。

ここでは快眠につながる寝具や生活習慣にまつわるコラムを紹介しています。