睡眠改善薬について

ドリエル睡眠に関する悩みはあるものの、病院へ行くほどの症状ではないといった場合、睡眠改善薬を活用することで睡眠環境を整えることができます。
睡眠改善薬は睡眠薬よりも効果も緩やかで手軽に購入できるため、しっかり眠りたい方の味方です。

睡眠改善薬の正確な定義

薬局の画像睡眠改善薬とは、文字通り“睡眠を改善するお薬”のことです。
生活習慣や睡眠環境を整えても症状が改善されない場合、睡眠改善薬を服用することで良い眠りに導かれ、不眠の悩みを断ち切ります。
また、睡眠改善薬は一般用医薬品(OTC)に分類されるため、薬局やドラッグストア、通販サイトなどから手軽に購入することができます。

なお、「不眠の悩み=睡眠薬」という認識を持つ方が多いかと思いますが、睡眠薬は慢性的な不眠症状に対して使用されます。セルフケアで改善されなかった場合の最終手段として睡眠薬によって睡眠をコントロールします。

睡眠改善薬はこんな人におすすめ

眠る人の画像睡眠に関する悩みは誰でも一度は経験したことがあるでしょう。
多くの方は稀に眠れないことがあったとしてもそのままやり過ごしますが、眠れないといった悩みが頻繁にある場合には日中に影響が出ますし、ストレスにもなってしまいますので無理せず睡眠改善薬に頼りましょう。

睡眠改善薬はこんな悩みがある方におすすめ

  • 仕事や家庭でストレスを感じることが多くて眠れない
  • 心配事や悩みがあると眠れないタイプで、次の日大切な仕事がある
  • 睡眠不足が続いて疲れが溜まってると感じている
  • 海外旅行の時差ボケで体内時計が戻るまでがしんどい
  • 夜勤などで生活バランスが崩れ眠りたいのに眠れない

こうした悩みを持つ方は、ぜひ一度睡眠改善薬をお試しください。
ただし、睡眠改善薬は上記のような軽度な症状や一時的な不眠に悩まされるといった場合に有効ですが、慢性的な不眠で悩まされている場合には睡眠薬が適しています。

副作用について

頭痛睡眠改善薬は睡眠薬よりも効果が弱く、自然な眠りをサポートする役割をもつ医薬品のため、幅広い方に使ってもらえるよう副作用の影響は小さいです。
しかし、医薬品である限り副作用のリスクはゼロではありません。

睡眠改善薬の服用によって起こり得る副作用には、下記の症状が挙げられます。

  • 頭痛
  • 目眩
  • 日中の眠気
  • 皮膚症状(発疹、そう痒感、発赤 など)
  • 消化器症状(食欲減退、吐き気、胃痛 など)

その他症状は商品の説明書に記載がありますので、服用前に使用上の注意をよく確認してください。

睡眠改善薬の入手方法について

ドラッグストア睡眠改善薬などの一般用医薬品はOTC医薬品や市販薬と呼ばれ、多くの人が幅広く使用できるよう製造されています。そのため、医師の処方は不要で、睡眠薬より容易に入手できます。

販売されているのは薬局やドラッグストア、これらの店舗が運営するオンラインショップなどが挙げられ、販売店の中には24時間や深夜営業しているところもあり、より購入しやすい環境なっています。
また、睡眠改善薬には多くの種類があり、成分や予算に応じて自分で商品を選んで直接購入していただくことが可能です。