睡眠薬について

睡眠薬不眠の悩みを解決する方法の1つに睡眠薬があります。
不眠症は生活習慣や睡眠環境を見直すことで改善されることもありますが、それでも改善されない場合には睡眠薬が有効です。症状に応じた薬を服用することで睡眠をコントロールしたり、質の高い睡眠を取れるようになります。

睡眠薬の正確な定義

処方箋睡眠薬とは“睡眠を誘発し、持続させる医薬品”のことです。
睡眠薬にはいくつか種類があり、不眠症のタイプによって使い分けられます。また、睡眠導入剤は睡眠薬の一種で、入眠困難な不眠症に使用されます。
こうした睡眠薬は優れた効果が期待できますが、薬剤との飲み合わせや副作用のリスクがあるため医師の処方が必要となります。

なお、薬局やドラッグストアでは“睡眠改善薬”と呼ばれる医薬品が販売されていますが、睡眠改善薬は一時的な不眠症状に対して有効で、病院で処方される睡眠薬より効果が穏やかです。

睡眠薬の入手方法について

病院の画像睡眠薬はいずれも医療用医薬品に分類されます。そのため、薬局やドラッグストア、楽天やアマゾンなどの通販サイトなどでは販売されていません。

しかし、超短時間型と短時間型に関しては個人輸入という方法を利用すれば、処方箋(通院)不要で睡眠薬を入手することが可能です。
個人輸入できる睡眠薬は海外製ですが、日本の病院で処方されている睡眠薬と同じ、あるいは同一成分のジェネリック医薬品です。
また、診察料や処方料が不要なので病院処方と比べて治療費用は安価に抑えられますし、種類も豊富なので、最近では個人輸入で睡眠薬を購入される方が増えています。

なお、個人輸入は様々な手続きが必要ですが、現在では個人輸入の面倒な手続きをすべて請け負う“個人輸入代行サイト”が存在していますので、誰でも簡単に一般的な通販サイトと同じように商品を購入することができます。

ただし、個人輸入代行サイトで睡眠薬を購入する場合は、医師の説明を受けることができないため、購入前に自身でしっかりと用法用量や注意事項を確認しておく必要があります。

中時間型と長時間型に関しては個人輸入でも入手することが出来ないため、病院で処方してもらう必要があることを覚えておきましょう。

睡眠薬の種類は大きく分けて4つ

眠る人の画像不眠症にも色々なタイプがあるように、睡眠薬にも様々な種類があります。
主に作用時間によって分類されており、効果が現れる時間が早いものから「超短時間型」、「短時間型」、「中時間型」、「長時間型」の睡眠薬があります。ここでは各睡眠薬の入手方法別に特徴やメリット・デメリットなどについて詳しく紹介します。

入眠障害 熟眠障害 中途覚醒 早期覚醒 ピーク時間 半減期
超短時間型 0.8~1.2 2.0~5.0
短時間型 1.5~3.3 6.3~10.0
中時間型 1.5~5.0 21.0~27.0
長時間型 3.5~5.0 23.6~42.0

個人輸入で購入できる睡眠薬

超短時間型

ルネスタジェネリック睡眠薬の中でも最も効果が早く現れ、作用時間が短いタイプになります。睡眠導入剤とも呼ばれています。
病院で処方される薬では、ルネスタ、マイスリー、ハルシオン、アモバン、これらのジェネリック医薬品などが該当します。

ピーク時間 0.8~1.2
半減期 2〜5時間

特徴(メリット・デメリット)

  • 寝付きが悪いタイプに向いている(入眠障害)
  • 一時的に不眠症状を感じる方にもおすすめ
  • 短時間で薬の作用が切れるため、翌日まで眠気が残らない
  • 夜中や明け方に目覚めてしまう場合には適さない
  • 物忘れや依存性が現れやすい傾向がある

超短時間型で人気のルネスタ・ジェネリックはこちらのサイトにて50錠4,050円で購入できます。

ルネスタ・ジェネリックを購入する

短時間型

ソミナー超短時間型と同様に作用時間が短いタイプになりますが、若干効果の半減期が長い睡眠薬です。
病院で処方される薬ではソミナー、リスミー、レンドルミン、ロラメットなどが該当します。

ピーク時間 1.5~3.3時間
半減期 6.3~10.0時間

特徴(メリット・デメリット)

  • 寝付きが悪い、あるいは途中で目が覚めるタイプに向いている(入眠障害、中途覚醒)
  • 翌日まで眠気を持ち越しにくい
  • 肝機能が低下している高齢者などに処方されやすい
  • 物忘れや依存性が現れやすい傾向がある

短時間型で人気のソミナーはこちらのサイトにて200錠7,700円で購入できます。

ソミナーを購入する

病院でしか入手できない睡眠薬

中時間型

ベンザリン作用時間が長い睡眠薬です。作用時間が長いから効果が強く副作用が出やすいといったことはありません。
病院で処方されている薬では、ベンザリン、サイレース、ユーロジンなどが該当します。

ピーク時間 1.5~5.0時間
半減期 21.0~27.0時間
特徴(メリット・デメリット)
  • 途中で目が覚めてしまう、早朝に目が覚めてしまう、熟眠感が得られないタイプに向いている(中途覚醒、早朝覚醒、熟眠困難)
  • 短時間型睡眠薬で不眠が改善されない場合に使われることもある
  • 作用時間が長く、翌朝まで効果を持ち越してしまうことがある

長時間型

ドラール睡眠薬の中で最も作用が長いタイプです。特徴に関しては中間型睡眠薬とほとんど同じです。
病院で処方されている薬では、ドラール、ソメリン、ダルメートなどが該当します。

ピーク時間 3.5~5.0時間
半減期 23.6~42.0時間

特徴(メリット・デメリット)

  • 途中で目が覚めてしまう、早朝に目が覚めてしまう、熟眠感が得られないタイプに向いている(中途覚醒、早朝覚醒、熟眠困難)
  • 寝付きが悪い場合には適さない
  • 作用時間が長く、翌朝まで効果を持ち越してしまうことがある

以上のように睡眠薬には4つのタイプがあり、それぞれに特徴があり入手方法も異なることを憶えておきましょう。

ロゼレムの効果や口コミなどをまとめました

ロゼレムは体内時計を改善して自然な眠りへ導く睡眠薬です。 日本国内で処方されているロゼレム錠と同じ有効成分・含有量で、パッケージも日本語表記となりますので安心してお使いいただけます。 また、こちらの睡眠薬は軽度の不眠症か…

バスピンの効果や口コミなどをまとめました

パスピンは、不安を和らげて催眠作用をもたらす医薬品です。 世界的に有名なバスパーのジェネリック医薬品で、低価格でありながらバスパーと同等の効果効能を得ることができます。 特に精神的な問題で寝付けないといった悩みを持つ方に…

ソミナーの効果や口コミなどをまとめました

ソミナーは不眠症でお悩みの方におすすめの睡眠薬です。日本国内においては現状未承認となりますが、個人輸入代行サイトから購入していただくことができます。 寝付きが悪い、夜中に目が覚めてしまうといった症状でつらい思いをされてい…