睡眠薬に強弱は存在しない!不眠タイプに合わせた睡眠薬を選ぼう

日本人の約5人に1人は不眠の悩みを抱えていると言われています。実際に眠れないから睡眠薬を使いたいと考える方は多いですが、睡眠薬にも様々な種類があります。

ここでは、多くの方が勘違いしている「睡眠薬の強弱」についてまとめています。

睡眠薬に強弱は存在しない

バツ印を作る女性

夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまうというような不眠症状を持ちの方は睡眠薬を服用することで症状を改善できます。

その際、「不眠症が辛いから強い睡眠薬がほしい」「なるべく弱い睡眠薬がよい」というように伝える人が居ますが、実際には睡眠薬に強弱はありません。

確かに睡眠薬には多くの種類があり、服用する睡眠薬によっては副作用を感じるものがあります。しかし、これらは主に作用のメカニズムや半減期による違いで、症状に応じて使い分けられます。

例えば、脳の機能を低下させることで睡眠を誘うタイプの睡眠薬(ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系など)は、脳内神経伝達物質へ直接働きかけることで睡眠を促しますので、効果を強く感じやすいです。また、長時間作用型の睡眠薬では、薬の作用が長時間続きますので、朝起きても眠気が残って効果を強く感じやすい傾向があります。

そのため、不眠症の症状に合っていない睡眠薬を服用すると効果が強い・弱いと感じることがあります。よって、不眠の治療には症状に応じた睡眠薬を選ぶ必要があります。

不眠タイプについて

不眠症と一口にいっても、その悩みや症状は人によってバラバラです。

代表的な悩みは布団に入ってからなかなか寝付くことができない、あるいは夜中に何度も目が覚めてしまうといった悩みですが、他にも早朝に目が覚めてしまう、起床時に熟眠感が得られないといった症状もあります。先程もお伝えしたように、睡眠薬は不眠症の症状に応じて選ぶ必要があります。

そのため、不眠症を改善するためにはまず自分がどのタイプの不眠症なのか把握しておきましょう。

不眠タイプに関する詳細はこちら

どうしても強い睡眠薬が必要だと思ったらまずは医師に相談

もしも睡眠薬を服用していて効き目が弱いと感じる場合、もしかすると服用している睡眠薬が症状に合っていない可能性があります。睡眠薬には強弱がないとお伝えしましたが、大まかに作用の強弱が分類されていますので、一度医師に相談してみましょう。

現在では個人輸入代行サイトを利用して睡眠薬を購入することができます。

こうした場合には医師の処方なしで購入可能なので、病院へ行く必要はありません。しかし、自身に合っていない薬や間違った用法用量で服用すると副作用が強く現れてしまうリスクがあります。

そのため、個人輸入代行サイトで購入されるとしても、まずは医師の診断を受けるようにしてください。

関連記事

睡眠薬に耐性や依存性があるってウソ?ホント?

睡眠薬への疑問や不安は多いですが、その中でも特に多いのが耐性や依存性に関するものです。   「睡眠薬は飲み続けると効かなくなるってホント?」 「量を増やさないと効かなくなるの?」 「より強い睡眠薬が必要になって…

起きれない人

睡眠薬を飲むと翌朝の目覚めが悪くなってしまうのはなぜ?

睡眠薬を飲んだ翌朝は予定通りに起床できなかったことや頭がぼーっとするなど、目覚めが悪いという経験をされたということはないでしょうか? このような経験があると睡眠薬が悪い、怖いといった印象を抱くかもしれないですが、服用して…